樹木葬とは

自然にかえるという印象が強い樹木葬

埋葬方法については最近、海や山への散骨を希望される方も多くなっていますし、霊園もビルの中にお墓を設けるタイプなど、様々な方法があります。
中でも霊園の敷地内に木々、草花などを植えてその下に埋葬するという樹木葬は自然に還る事が出来る方法として注目されています。

樹木葬だから自宅の庭の木の下に埋めていいということはありません。
近隣の山などで遺灰を埋めると法律に違反することになりますし、樹木葬にも種類がありますので、興味がある方はその種類や方法などを理解されておくといいでしょう。

樹木葬の2種類の埋葬方法とは

樹木葬には埋葬の方法に2種類の方法があります。
一つは遺骨を個別に埋葬するという方法で、樹木葬での埋葬を希望されている方の遺骨を個別に埋葬するというものです。

墓石を利用する場合、個別の埋葬となりますが、墓石の代わりに樹木があるという考え方です。
一人に対して1本の木を受けるという樹木葬、さらに1本の樹木の区画に複数の遺骨を埋葬するという方法があります。

1本の樹木を植えるタイプの場合、霊園のスペースの問題もありますので、かなり広い敷地が必要となり、対応している霊園はそれほど多くありません。

もう一つの樹木葬の形は、一つの骨壺、土地に遺骨が混ざる形で埋葬するという方法です。
樹木のスペースに個別に埋葬するのではなく、同じ骨壺やスペースに遺骨を混ぜて埋葬することになります。

合同墓という形にありますが、複数の御遺骨を埋葬するということになるので、後から一人だけの遺骨を取り出すということはできません。
この場合、管理について個別管理ではないので、費用的にも安くなるという特徴があります。

樹木葬はどのくらいの費用がかかるのか

埋葬場所がどのような場所になるのかによっても樹木葬にかかる費用は違いがあります。
公園墓地のようなところなのか、それとも里山のような場所になるのか、それによって管理にかかる費用なども違いがあるため、場所によって金額にも差が出てくるのです。

通常はお墓を建立する場合、霊園やお寺さんで区画を購入しその上墓石を購入するため費用としては200万円くらいかかるといわれていますが、樹木葬の場合、墓石を準備するという必要がないので、一般的な墓地よりもかなり安くなります。

平均的な相場としては、場所によってかなり開きがありますが、20万から70万位といわれています。
オプションで樹木の近くにおくプレートなど購入すると別途費用が掛かりますが、通常の墓地よりはそれでもかなり低くなります。

管理された土地であり、墓所として許可を得ているから樹木葬が可能となるので、どこでも埋めていいということはありません。
またすでに一旦お墓に埋葬した御遺骨を樹木葬にしたいという場合、お墓のお引越し「改葬」と呼ばれる手続き、手順が必要となるので、お寺や霊園に相談が必要となります。