宇宙葬とは

海外で行われるようになっている宇宙葬とは

宇宙というと一部の人たちがいける場所であり、一般の方々に関係がない・・・と考えるものですが、実は葬儀の形として自由葬という選択も海外で行われています。

海外では数年前くらいから行われるようになっており、文字通り「星になる」というイメージが強い宇宙葬は人気が高くなってきています。
日本でもメディアで取り上げられることがあり、注目されている宇宙葬ですが、どのように行われるのか気になります。

遺灰という形で宇宙の星になる

人がお亡くなりになると葬儀が行われて荼毘に付され遺骨、遺灰になります。
海外でも最近は火葬が多くなっていますが、特に海外の場合、火葬の火力が強く骨としての形が残る事が少ないことが多いということや、火葬場で荼毘に付されてから粉砕処理されることが多いため、遺灰となる事が多いのです。

この遺灰の一部を人工衛星にのせて打ち上げる事を宇宙葬としています。
通常、一人の遺灰を人工衛星にのせるのではなく、10名から100名程度、宇宙葬を希望するご遺族を募り、同時に運ぶことになります。

遺灰は他の方の遺灰を混ぜられることはなく、個別にカプセルとなって宇宙に旅立ちます。
打ち上げられた人工衛星はやがて地球の軌道に入り、数カ月から数年後、地球に再突入するのですが、この時人工衛星は大気圏とのはざまで燃えつきるので、宇宙にそのまま宇宙ゴミとして残る事はありません。

宇宙ゴミというのは、人工衛星などの打ち上げの際、部品や期待が軌道上を周回し続けることをいい、回収が難しいことからかなりの数の宇宙ゴミが浮遊していると考えられています。

宇宙葬先進国のアメリカでは100名以上が利用しているといわれる

宇宙葬の先進国と呼ばれているアメリカでは、100名以上の遺灰が宇宙に旅立っているといわれています。
アメリカは宇宙葬の会社がありますが、最近は日本国内でもこの宇宙葬を行う企業と提携する企業が出てきています。

実際に日本でも宇宙葬の利用者募集がおこなわれてますので、利用される方も今後、多くなるのではないでしょうか。

人がお亡くなりになり荼毘に付されると、ご家族は「お空に旅立ってしまったね」といいます。
宇宙葬では本当に遺灰の一部がお空に旅立つのですから、いつも空を見上げれば大切な方の存在を感じることができるのではないかと思います。

通常の葬儀ではなく、現代では様々な葬儀が行われるようになっています。
この先、宇宙葬で葬儀を考える日本人も次第に多くなるのかもしれません。
お墓の継承者の問題、利用出来る墓地が少なくなってきている問題などもありますので、宇宙葬のほか、海への散骨など、これから墓地のあり方なども変わってきそうです。