密葬とは

密葬とはどういった葬儀なのか

密葬というのは、遺族、親族、故人を知る親しい方たちだけが内々に集まり、葬儀などの告知を広くせず、密やかに行う葬儀です。
古くから行われてきている葬儀の一つの形ですが、葬儀の形として誤解されている方も多いという現実があります。

本葬と一対の私的な葬儀として考える方もいますし、親族、遺族だけが行う葬儀、広く知らせる事もなく参列者をお断りする葬儀でもありません。
親族でなくても密葬に行くこともできますし、施主はそれを断るなどすべきではないのです。
本葬と一対ではなく、本草を行わない密葬もあります。
例えばご家族としては非常に悲しいことになりますが、自死者の葬送となると密葬となる事が多いです。

家族葬は密葬の名を変えたもの

密葬と家族葬はイコールと考えていい葬儀の形です。
本来密葬と呼ばれていた葬儀の形を、近年家族葬という形に呼び名を変えたといってもいいでしょう。

年齢を重ねてもお元気で長寿化が進む日本において、社会とのつながりがそれほど深くない高齢者の葬儀は、働き盛りの葬儀とは違い、参列者も少なくなるので少人数の葬儀で十分という声もあります。
核家族化が進んだこともあり、葬儀に参列する人の数も少なくなっていることもあり、通常の葬儀でも規模がかなり小さくなることが多いです。
また経済的に通常の葬儀を行うと、大きな費用がかかるため、残されたご家族への負担が大きくならないように、家族葬、つまり密葬の形で葬儀を望む故人も多くなったのです。

本葬なしの密葬を行っても、最終的に友人たちが故人とのお別れ会を開くなど、別の形でみなさんとのお別れをする場合もあります。
家族葬は家族だけでお見送りする葬儀と勘違いしている人も多いのですが、密葬同様で行う葬儀です。

費用はどの程度かかるのか

家族葬と同じように、本葬やお別れの会などを行わずに、密葬のみ行う場合、一般的葬儀と比較してかなり安くなります。
日本では200万円位の葬儀費用が一般的といわれていますが、経済的に負担が大きすぎるという事で、密葬を選択されるご家族も多いです。

密葬でも、社葬と一対で行うという場合、企業が社葬の費用を出すという事が多いため、その場合も、ご遺族の負担は少なくなります。
金額という事については、一般の葬儀よりもずっと安くなると理解しておきましょう。

葬儀は立派にあげたいという方もいますが、最後はご家族と親しい友人たちに見送ってもらえば十分、という方もいます。
著名な方などは知り合いというと数が数えきれないほどになってしまうため、葬儀という形を大々的に行うことなく、家族との最後の時間をゆっくりもつことができる密葬という形を選択される方も多いのです。