無宗教葬とは

決まった形がなく遺族や故人がつくる葬儀

葬儀というのは世界各国ほとんどが宗教的な意味合いが強いものですが、日本は宗教的なことにとらわれない無宗教の方が多くなっていることで、無宗教葬と呼ばれる葬儀も行われています。
宗旨・宗派によって葬儀の形がありますが、こういった伝統的な宗教の形に添った葬儀を行うのではなく、宗教者の葬祭行為等行う事もない形式に形のない葬儀を執り行う方も多くなっているのです。

自由葬とも呼ばれるこの無宗教葬は、自由な形でご家族、ご遺族が葬儀の形をそれぞれ作っていくということで、プロデュース葬と呼ばれることもあります。
自由葬の中の一つの形に「無宗教葬」があるというイメージです。

葬儀としては仏式、神式、キリスト教式といった形式がある葬儀ではないので、葬儀社に依頼する形としてはオーダーメイド葬儀というイメージになります。
喪主、ご遺族、近親者、またご友人などが故人の思いを汲み、その方のイメージに合った葬儀を行う、それが無宗教葬といえます。

なぜ無宗教葬が多くなったのか

無宗教葬は特定の宗派の葬儀の形式に沿うとか、こうしなければならないという儀式を行う事もなく、葬儀を行う方が自由な発想で行う葬儀です。
葬儀全体の1%程度という無宗教葬ですが、それでも仏式葬儀が多い日本の中で、現代多くなりつつある葬儀の形といえます。

現代の日本人は、特に宗教を持っているという事がなく、昔のように菩提寺を持っていなくては不安という気持ちも少ないようです。
またお寺さんに対し、そのあり方に不満を抱く方も少なくありません。
葬儀、法要、その他色々な面で菩提寺を持っているとお寺さんとのお付き合いをしていかなければなりません。
日常生活の中で儀式的な事があると必ずかかわってくるのがお寺さんというのが古くからの日本の家の在り方でした。

しかし今は核家族化が進み、檀家制度を継ぐという事も少なくなっています。
一家一単位で宗教を持っているという感覚は薄れ、お寺さんとの接点となれば葬儀、法事の時以外にないという事が多くなっています。
お経を読み戒名を付けてもらうだけでもかなりの金額が取られる、なぜそんなに法外なお布施を払わなくてはならないのだという不満も、宗教離れにつながっているといわれます。

音楽葬などが無宗教葬の代表格

アーチストがお亡くなりになると、葬儀の際、お亡くなりになったアーチストのヒット曲を流しているという葬儀も見ることがあります。
また音楽をこよなく愛した方だったからと、葬儀の際、演奏家を招き生の演奏で送り出すという事も行われています。
こうしなければならないという枠の中で行う葬儀ではなく、遺族として、友人としてこういう送り出し方をしたいという気持ちのこもった無宗教葬は、心に深く刻まれる葬儀となる事がとても多いのです。