自然葬とは

自然葬という選択をされる方が多くなっている

自分が無くなったらお墓に骨をおさめるのではなく、大好きだった海に流してほしいという遺言を残される方もいます。
こうした海などにご遺灰をお還しする散骨を自然葬と呼びます。

日本では法律によって火葬を行う事が義務付けられていますし、お墓の建立に対しても法律があります。
自然葬で海に散骨となると法律的に問題があるのではないかと心配される方も多いです。
自然葬の在り方、また法律的な事、どのような事を行うのかなど、理解していきましょう。

法律的な面は心配ないのか?

海へ遺骨を散骨するというと、火葬しているとはいえ、法律的に問題はないのか?と心配される方も多いです。
実は海への散骨に関しては、法務省、厚生労働省など葬儀に関連する各省庁で、葬送の一つの形として節度をもって行ってもらう限り、制限するものではないという立場にいます。

法律で完全に「してもいい」と定めているという事はありませんが、見解として、埋葬に関する法律を考慮しても、遺骨を海にお還しするという散骨は、節度をもって行うものであれば特に禁止事項に当らないとしているのです。
法的に問題があるのではないかと心配される方もいますが、その心配はないと考えておいていいでしょう。

遺骨をお墓ではなく海へお還しするという散骨

日本でも火葬が義務付けられる前までは、ご遺体を棺に入れてそのまま土葬しているところもありました。
もっと昔はそのまま土葬され、朽ち、土に還るという自然の摂理の中に人間も同じようにいたわけです。
自然の中で人が誕生し、生き成長し、年を重ね寿命がきたら自然の営みの中に還っていく、この自然の摂理に沿って考えると、自然の海の中にお骨を散骨するという事は、自然の中に還っていく、ごく自然な事と考えられます。

日本ではあまり知られていないことなのですが、海外では多くの著名人が海への散骨を選び、自然の中に還っています。
最近は日本でも、海の散骨を行う業者なども多くなってきていますので、こうした埋葬を望む方は相談されるといいでしょう。

葬儀はべつに行うのが基本

家族葬でも直葬でも、また通常日本で行われている仏式の葬儀にしても、海への散骨を行う自然葬だからといって葬儀はべつに行います。
ご家族、ご遺族が希望する葬儀を行い、それからご遺族の希望の日程で散骨を行います。

散骨は、通常四十九日すぎに行います。
特に決まりはないのですが、日本では四十九日まで故人が現世にとどまっているという考え方があるので、多くは、四十九日以降日程を決めて散骨しています。
散骨するとお墓参りなどが出来ないと考える方がいますが、海に行けばいつでもそこがお墓と考える事もできますし、散骨した場所は、散骨を行う業者によって経度・緯度などが測定されていることが多いので、三回忌など法要の際、お参りに行くことも可能です。