音楽葬とは

現代の葬儀は様々な遺族の思いが形となっている

ご遺族が涙にくれている姿、静かな中行われる通常の葬儀も故人との大切なお別れの時間を過ごす尊い葬儀だと感じますが、最近は故人が生前どのように過ごしてきたのか、どのような生き方をしてきたのか、生前の姿を色濃くにじませる葬儀が行われるようになってきています。

例えば音楽葬という葬儀を執り行うご家族も多くなっています。
故人が好きだった音楽を流しながらお焼香してもらう、また生前賑やかな人だったので、お別れも賑やかに明るくという意味を込めて、音楽葬を選択されるご家族もいます。

音楽を利用した葬儀が音楽葬

音楽葬はこの様に行わなければならないという決まりはなく、本来自由葬と呼ばれる本来の流れ、形にとらわれることなく行われる葬儀です。
読経なども行わず、音楽のみ流すという音楽葬もありますし、音楽を流しながら読経をしてもらうということもあります。

宗教形式にとらわれることなく、故人が生前希望して音楽葬を行うということが多いようですが、故人が生前好きだった音楽を最後の時間に流してあげたいという気持から、ご家族が音楽葬を選択されるということも多いです。
一般的な個人の葬儀の場合、その方好きだった曲を生演奏したり、ピアノを弾いてもらったり、また録音されたCDを流すということもあります。
団体葬などの規模が大きな葬儀の場合、中編成の合唱団が歌を歌ったり、管弦楽団が音楽を奏でるということもあります。

音楽葬を執り行うメリットは?

音楽葬の利点、最大のメリットは故人をしのぶ時間が有意義なものになるという点です。
人がお亡くなりになっているのですから、当然悲しみの気持ちがありますが、故人が好きだった音楽が流れていることで、故人を思いだしお別れの時間をしっかりとかみしめることができるでしょう。

また音楽葬の場合、規則や流れなどがないので、どのように葬儀を行うか?ご家族が考えることができる自由な葬儀という点も、メリットです。
家族が独自に作り出した葬儀を行う事で、一生忘れることの無い葬儀になると思います。

デメリットも知っておくべき

)
最近はこうした新しい自由葬が多くなっていますが、特に高齢の方などには受け入れられないということもあります。
しきたりに厳しい田舎などでは、こうした音楽葬などもってのほかとされる場合もありますし、ご家族はそのように送り出したいと思っても、本来葬儀は菩提寺の僧侶が読経をあげ、その宗派の流れで葬儀を行うべきと理解してくれないことも多いです。

そのため、音楽葬を行いたいという時には、親族にしっかりと音楽葬を行う理由、またどのように行うのかなど、事前に確認しておくことがもとめられます。

現代の葬儀は様々な遺族の思いが形となっている

ご遺族が涙にくれている姿、静かな中行われる通常の葬儀も故人との大切なお別れの時間を過ごす尊い葬儀だと感じますが、最近は故人が生前どのように過ごしてきたのか、どのような生き方をしてきたのか、生前の姿を色濃くにじませる葬儀が行われるようになってきています。

例えば音楽葬という葬儀を執り行うご家族も多くなっています。
故人が好きだった音楽を流しながらお焼香してもらう、また生前賑やかな人だったので、お別れも賑やかに明るくという意味を込めて、音楽葬を選択されるご家族もいます。

音楽を利用した葬儀が音楽葬

音楽葬はこの様に行わなければならないという決まりはなく、本来自由葬と呼ばれる本来の流れ、形にとらわれることなく行われる葬儀です。
読経なども行わず、音楽のみ流すという音楽葬もありますし、音楽を流しながら読経をしてもらうということもあります。

宗教形式にとらわれることなく、故人が生前希望して音楽葬を行うということが多いようですが、故人が生前好きだった音楽を最後の時間に流してあげたいという気持から、ご家族が音楽葬を選択されるということも多いです。
一般的な個人の葬儀の場合、その方好きだった曲を生演奏したり、ピアノを弾いてもらったり、また録音されたCDを流すということもあります。
団体葬などの規模が大きな葬儀の場合、中編成の合唱団が歌を歌ったり、管弦楽団が音楽を奏でるということもあります。

音楽葬を執り行うメリットは?

音楽葬の利点、最大のメリットは故人をしのぶ時間が有意義なものになるという点です。
人がお亡くなりになっているのですから、当然悲しみの気持ちがありますが、故人が好きだった音楽が流れていることで、故人を思いだしお別れの時間をしっかりとかみしめることができるでしょう。

また音楽葬の場合、規則や流れなどがないので、どのように葬儀を行うか?ご家族が考えることができる自由な葬儀という点も、メリットです。
家族が独自に作り出した葬儀を行う事で、一生忘れることの無い葬儀になると思います。

デメリットも知っておくべき

)
最近はこうした新しい自由葬が多くなっていますが、特に高齢の方などには受け入れられないということもあります。
しきたりに厳しい田舎などでは、こうした音楽葬などもってのほかとされる場合もありますし、ご家族はそのように送り出したいと思っても、本来葬儀は菩提寺の僧侶が読経をあげ、その宗派の流れで葬儀を行うべきと理解してくれないことも多いです。

そのため、音楽葬を行いたいという時には、親族にしっかりと音楽葬を行う理由、またどのように行うのかなど、事前に確認しておくことがもとめられます。