会館葬とは

一般的に多くなっている会館葬という葬儀の形

ご家族、近しい方がお亡くなりになるということは、たとえお亡くなりになる事が前もってわかっている死であっても、悲しみにくれるものです。
突然死も多くなっている現代、いきなり大切な方をなくすご家族もいますので、死を受け入れる事が出来ないままに葬儀となる事も少なくありません。

ご家族は大切な方がお亡くなりになってから、通夜や葬儀の段取りを急ぎ決めなければならず、ご遺族は悲しみにくれる時間も、故人とゆっくり対面する時間も少なく、準備に追われます。

昔は自宅で葬儀を行う事が多かったので隣近所の方に連絡し、段取りをしなければならず、手間もかなり掛かったのですが、資金は会館葬が多くなっているため、葬儀社を頼りにしながら、ある程度気持ちに余裕をもって葬儀の準備を行えることも多くなっています。

隣近所にお世話になる事が多い自宅での葬儀

日本では現在でも、地域によっては隣近所、隣組の方々が世話役となって葬儀を進めていくこともあります。
自宅に祭壇を準備し、通夜、葬儀の準備を行うのは非常に手間がかかります。

隣近所の方々にお世話になるので気苦労もありますし、故人とゆっくり対面して、荼毘に付されるまでの間、時間を持つということも少なくなります。
自宅で通夜、葬儀がバタバタと進み、火葬場にいって荼毘に付され、隣近所の方々をもてなすなど、とにかくご家族にとって非常に負担の大きな葬儀です。

現代では住宅事情もありますが、葬儀会館を利用した葬儀が多くなっているため、こうした精神的な負担も少なくなってきています。

会館葬は故人との最後のお別れがゆっくりできる

会館葬では親族控室が用意され、通夜当日はそこに宿泊することができるという施設が多いです。
通夜の日は故人にお線香を絶やすことなく番をして過ごしますが、会館なら親族のみで、故人をしのび翌日の葬儀までの時間、故人との最後の時間をゆったりと過ごすことができます。

また会館には故人が愛用した品や写真、思い出の品などを飾る場所なども用意されていることが多く、故人が生前何を愛し、楽しみ、人生を謳歌してきたのか、参列された方が故人を偲ぶことができます。
こうしたスペースは自宅に作る事が難しいので会館葬ならではともいえます。

お寺さんの僧侶の部屋なども用意されますし、遺族に変わって会館の方々がしっかりとお世話をしてくれますので、案ずることも少なく、精神的に少し余裕をもって葬儀を執り行う事が出来ます。

昔ながらの自宅での葬儀も、風習や伝統をつなぐことになりますので、必要な事かと思いますが、心労が大きな葬儀よりも、故人との最後の時間を大切にできる葬儀ということなら、会館葬がいいのではないかと思います。