家族葬とは

家族葬という葬儀の形

最近はタレントさんなど著名な方も、葬儀は家族葬で行ってほしいと遺言を残すことも多くなっています。
家族だけで時間をゆっくりかけて最後のお別れをしてほしいと願う故人のお気持ちもよくわかります。

家族葬というと遺族だけで行う葬儀、またご家族同然に故人が親しくしてきた方々だけ着ていただく葬儀と、葬儀を行う側の認識も違います。
家族葬で葬儀を行ってほしいと遺言に残されていた場合など、どこまで葬儀に来ていただくのか、また香典や供花などを受け取るのか辞退するのかといったことも、話し合っておく方がいいでしょう。

家族葬として葬儀を執り行う事を知らせる事も大切

お世話になった方がお亡くなりになったという時、誰もが最後のお別れをしたいと感じます。
しかし家族葬となれば着ていただく人を選ぶ必要も出てきます。
ご近所の方、ご親類、またご友人などにも、家族葬で行うという事を説明し、理解を得ておくことも必要です。

供花、香典、弔電など辞退するという時にも、前もってその旨を文章等でしるし、理解していただくことも必要でしょう。
親しいご友人の中に故人が特に親しくしていただいてきた方がいる場合、その方に、その他ご友人に家族葬であることを伝えていただいてもいいでしょう。

参列者の方々へ配慮を欠かさないこと

葬儀に出席したい、最後のお別れをしたいと願う方もいらっしゃると思いますが、ご家族と個人が家族葬でしめやかに行うという事であれば、訃報の中で参列をご遠慮いただく胸をお知らせしておくのが礼儀です。
その際、供花、香典等辞退するのであれば記しておきます。

家族葬の後、自宅にお参りに来られる方も多いです。
葬儀には出席できなくても最後のお別れをと着て下さるのですから、香典、焼香を辞退していただく際には、丁寧に趣旨を説明できるようにその対応についても考えておく必要があるでしょう。
どうしてもとお香典を頂戴した場合には、四十九日法要を終えて後、挨拶状を添えて返礼品などを送るといいでしょう。

葬儀社と綿密な相談をすることが大切

家族葬であっても葬儀社の方に依頼が必要ですし、その際、家族葬で執り行いたいことなどをしっかり告げておく必要があります。
葬儀社が決まっているという事ならいいのですが、決まっていないようなら葬儀社に見積もりをしてもらう方がいいでしょう。
見積もりに含まれていないことがあるかどうかを確認し、必要であればプラスするようにした方が安心です。

ご家族にとってはじめて執り行う葬儀という場合、経験がないため不安だと思いますが、葬儀社の方に相談し、小さいことでも細かく説明してくれる葬儀社、また心配りができる葬儀社を選択刷る事が望まれます。
相談する際、費用の事等以外、ご家族の話を親身に聞いてくれる葬儀社を選択しましょう。