直葬とは

様々な現代の葬儀の形

通夜、告別式を行い、初七日、四十九日の法要、さらに一周忌など人がお亡くなりになると、ご家族、親族は悲しみの中、様々な儀式を行っていかなくてはなりません。
お亡くなりになってすぐ葬儀の段取りなどを行うのは、精神的にも辛い事なのですが、葬儀の段取りなどの現実的な準備を行わなくてはならないという事があるからこそ、気丈にいられるのかもしれません。

葬儀はお亡くなりになった方とのお別れの儀式です。
永遠の眠りにつく大切な方をしっかりとお見送りしなければなりません。
以前は、一般的に通夜、告別式などを行い荼毘にふすという流れで行うのが当たり前だったのですが、最近はお見送りするご家族、ご親類それぞれが葬儀の形を選ぶようになっています。
直葬や家族葬など、葬儀の形はさまざまですが、最近多くなっている「直葬」という葬儀の形を紹介します。

直葬、火葬式とはどういった葬儀になるのか

直葬は火葬式とも呼ばれます。
通夜、葬儀、告別式、火葬という流れが一般的な日本の葬儀の形ですが、直葬は通夜、葬儀、告別式などを行わず、火葬のみ行う葬儀です。
しかし一人の人間がこの世からあの世に旅立つというとても大切な時間となるのですから、直葬であっても、ご遺族のお気持ちは一般的葬儀と変わることなく、永遠の別れ、また心に区切りをつけるためにも大切なことです。

お亡くなりになった方を火葬場へ搬送、そこで納棺にご安置、死亡診断書を役場に提出し、火葬埋葬許可書を取得し、火葬となります。
納棺やご安置などが必要となるため、ご家族だけで出来るという事はありません。
通常、葬儀社を依頼し、搬送や納棺などを行ってもらい、直葬となります。

なぜ直葬が多くなっているのか

故人が生前、「費用がかかる葬儀はしなくてもいい、直葬で荼毘にふしてほしい」と遺言を残すこともありますし、経済的な理由で通常の葬儀を行う余裕がないというご家族が、直葬を選択されることもあります。
また昨今、独居老人が一人お亡くなりになり、近しいお身内などが見つからない場合、かなり遠いご親戚までお話が行くこともあります。
会ったこともない遠い親戚に費用を大きくかけることもできず、なるべく少ない費用で葬儀ができるようにと直葬を選ぶ事もあります。

直葬はただ火葬するだけというイメージがありますが、御坊様に来ていただき、火葬の間お経をあげていただくこともできます。
こうしたことは葬儀社の方にお話ししてみるといいでしょう。
費用は一般的な葬儀と比較すると非常に安価に行う事が出来ます。

葬儀の形は、こうしなければならないという事が決まっていません。
ご家族が最後のお別れをしっかり行う事が大切です。