キリスト教式葬とは

日本で多い仏式とはまったく形式が異なる

日本にもたくさんの教会があります。
その昔、キリスト教が宣教師によって日本に入ってきてから迫害など様々な受難がありましたが、キリスト教の信者の方々はその受難を乗り越え、尊い犠牲を払いながらも現代にキリスト教を伝えてきました。
キリスト教の葬儀に参列する機会もあると思いますが、仏式とは全く違う葬儀となりますので参列した時に困らないようにある程度、どのようなものが理解しておく方がいいでしょう。

日本独自のキリスト教式の葬儀

キリスト教の葬儀とはいっても海外で行われているキリスト教の葬儀とはまた別で、日本独自の葬儀の方法です。
またキリスト教でも、カトリック、プロテスタントで葬儀の流れが違いますし、通夜の呼び方も違います。

カトリックは通夜を通夜の祈りと呼びますし、プロテスタントの場合、前夜式と呼びます。
通夜の祈り、前夜式は教会、自宅、また最近は斎場で行う事もあります。

カトリックでは聖歌を、プロテスタントでは讃美歌を斉唱し、神父様、牧師様の聖書の朗読、お話を聞き、ご祈祷、献花を行います。
この献花が仏式のお焼香にあたります。

通夜の祈り若しくは前夜式が終わると故人をしのび会食、茶会などを開きます。
仏式の通夜振る舞いではお酒が出されますが、キリスト教式ではお酒はありません。

キリスト教式の葬儀ミサとは

自宅や斎場などで行う事もありますが、主に葬儀は教会で行います。
この葬儀ミサについても、カトリックとプロテスタントで違いがあります。

プロテスタントの場合、神に感謝し遺族を慰めるという意味で行われる儀式となり、故人に祈りをささげるのではなく、「神」に祈りをささげる事が中心です。
その後、聖書を朗読し讃美歌を参列者全員で斉唱、牧師の説教・お話しで終了です。

カトリックは「現世での故人の罪を神に詫び許しを請い永遠の命を得る」ための祈りです。
言葉の典礼と呼ばれる聖書朗読、神父様のお話などを聞き、感謝の典礼を行います。
感謝の典礼というのはパンや葡萄酒を祭壇に奉納するという儀式です。
カトリックもプロテスタントも献花を行います。

キリスト教式の献花のマナー

通夜、葬儀、告別式などにあたるキリスト教の前夜祭や葬儀ミサ、告別式などでは必ず献花を行います。
利用されるお花は白いカーネーションや菊などです。
仏式のお焼香に当る献花は、喪主、ご遺族、親族、参列者という順で行われます。

そのマナーを理解しておきましょう。
自分が献花する番になったら祭壇に進みます。
係の方からお花を受け取る際、お花が右手に来るようにして「両手で」受け取ります。
遺影に向かい一礼、祭壇にお花の根本が来るように右回りにお花を回し、左手の甲を下に向けて右手を茎の下を添えるようにして、お花を献花台に置きます。
献花が終わったらご遺族、神父・牧師に一礼してお席に戻ります。