一日葬とは

新しい葬儀のスタイルが誕生している現代

大切な方がお亡くなりになって、その悲しみがいえる間もなく、ご家族は通夜、葬儀の支度をしなければなりません。
この忙しい時間の中、次第に大切な方が本当にいなくなったのだということを実感されていくのだと思います。

最近は家族葬などの通常の葬儀とは違う葬儀を選択される方も多くなっていますが、その中に1日葬と呼ばれる葬儀も行われるようになってきました。
1日葬という葬儀はどのように行われるのでしょうか。

1日葬という葬儀の形とは

通夜を行うことなく1日だけで告別式、火葬を済ませるという新しい葬儀の形が1日葬です。

通常、通夜、葬儀と2日間かけて行われますが、ワンデーセレモニーといわれる通り、すべてを1日で終える葬儀です。
通夜を行わないので、通常の葬儀よりも費用がかからず、ご遺族にとっては大切な方がお亡くなりになった後、忙しく立ち働くこともなく負担が少ない葬儀です。

最近この1日葬という葬儀が人気となっているのも、通夜を省略することで遺族への負担を少なくできるということ、また高齢者が自分の伴侶の葬儀を出すときなど、体力的に心配がある場合など、負担少なく葬儀ができるという利点があります。

(1日葬はどのようにして行われるのか?)
ご家族がお亡くなりになられて、病院でお亡くなりになる場合には、病院の指示に従い退院の手続きなどを行います。
葬儀社、菩提寺などへ連絡し、御遺体を安置場所に移動します。

寝台車の手配やドライアイスの手配などは、葬儀社の方で行ってくれます。
1日葬の具体的な内容を喪主、ご家族、葬儀社で取り決め、火葬場や僧侶についてもここで決定します。

近親者と菩提寺、友人等、故人がお世話になった方々に告別式の日程を知らせ、御遺体を整えてから納棺します。
告別式当日は宗派に沿った儀礼を行い、本来ご逝去されてから7日目に行う初七日も、当日済ませてしまうご遺族が多いようです。

親類縁者がみなさん近いところにお住まいということなら問題ないのですが、初七日の日に遠方からまた集まってもらうことは難しいなどから告別式に初七日を済ませるご遺族が多いです。

出棺し火葬、お骨上げを行い、告別式の終了となります。
ただこれはあくまでも一例で、1日葬はこうしなければならないという決まりもないので、葬儀社、菩提寺があれば僧侶と話し合い、流れを決めていけばいいと思います。

1日葬のメリットとデメリット

メリットとしては、通夜、告別式と2日にわたって行う事がないので、費用的な負担が少なくなるということ、さらに通夜振る舞いなどが必要なくなるので、飲食の費用が少なくなり、参列者へのおもてなし費用も少なくなります。
遠方から葬儀に参列される方も、告別式1日飲みの葬儀なら、宿泊の必要がないという場合もあり、参列者の負担も少なくなるということが挙げられます。

デメリットとしては葬儀が1日ということで、参列者に声をかけにくい、参列者はその1日だけが故人とのお別れになりますので、時間がないという点がデメリットです。
また親族の中のご年配の方などからは、こうした1日葬というスタイルを受け入れられないという意見も出てくることが予想されます。