併設式場について

併設式場について

近年の葬儀事情として取り上げられることも多いのですが、単身者や核家族化の場合に入院先で亡くなった場合でもご遺体は自宅には戻らず、そのまま葬儀場へ運ばれるというケースが多い傾向にあります。
核家族にありがちな親類縁者の減少に、高齢者であれば付き合う人も狭まり自宅に連れ帰ってみてもお通夜に訪れてくれる方も一握りと少ないことから、病院から直接会葬場に移送するご遺族が多くなっているのも事実です。

このようなケースは、決してめずらしくもありませんし、恥かしいと思うことでもありません。
これこそが現代の葬儀事情において、最もニーズに当てはまる「併設式場」ではないでしょうか。
通夜・葬儀・火葬までを一つの施設で行うことができるのは、とても理想的な葬式の在り方だとも言えるでしょう。

併設式場のメリット

都心部などでは、一軒家よりも集合住宅に住居を構えている方の方が多い傾向にあります。
そのような場合には、ご遺体を住まいに移送する際にも集合住宅の管理事務所などに話しをすることが義務付けられています。
仮に居住者の方がいればともかく、単身者の方がお亡くなりになりその部屋が賃貸であれば、その後の賃料を値下げするとか、なかなか入居者が決まらないことでご遺体が戻ることを拒否されることもあるようです。

このような場合などお通夜から火葬までを一手に引き受けてくれる併設式場を選ぶといいでしょう。
ご遺体は自宅に戻らずにそのまま併設式場へ移送します。
そこでお通夜の準備をして、葬式・告別式と済ませてから火葬します。

また、告別式とは別の日にお別れの会などを開く場所としても部屋を提供してもらうことも可能です。
ご遺体の出棺も1回だけで済ませることができるので、霊柩車などの車両代を大きく削減することができるというメリットがあります。

会葬者の方に高齢者が多い場合など、葬式・告別式の会場から火葬場までの移動手段を考えると、いくらマイクロバスなどが利用できたとしても身体的に負担が大きくなるものです。
それらを考慮すれば、全てを一か所で済ますことができる併設式場は利便性が高いと言えるでしょう。

民間も公共でも併設式場が主流になりつつある

どのような葬儀を希望していても、とかく費用の負担は大きいようです。
少しでも負担を減らすべく併設式場を選択するご遺族が増えています。
火葬場の隣接地にセレモニーホールなど葬儀場を建設する動きも多く見られ、とくに都心部では増えてきています。

公共施設ですと居住地であるかどうかで火葬できない場合もありますので事前に確認することをおすすめします。
そのかわり民間施設であれば、どこにお住まいであろうとも受け入れ体制が整っているので滞りなく故人とのお別れができます。