民間斎場について

民間斎場で葬儀を行う

葬式や告別式は、自宅以外の場所で執り行うという親族が多いと思います。
昔のように庭付き一戸建て住宅に住んでいる方が少なくなり、マンションなどの集合住宅に住居を構えていると、僧侶の控室を準備することも難しいです。
ましてや多くの弔問客をお待たせするための客間もないことから、自宅周辺の斎場にて通夜や葬式を行うのが主流です。

しかし、故人が亡くなるのは突然のことですし、急な葬儀場を探しも一苦労だと言われています。
少しでも葬儀関係の費用を抑えたいと思っているのであれば、公営斎場を利用したいところですがいつでもすぐに予約で埋まってしまいます。
その結果、ほとんどの方は民間斎場にて葬儀などを執り行うことになるのです。

民間斎場にしてよかったこと

葬儀社が所有している民間斎場は、指定されている葬儀社でなければ式を執り行うことができないものと、葬儀社の枠を超えて利用できるものとがあります。
また、近年では葬儀とは無縁であった他業種の民間企業からの参入が増えてきていて、残された遺族の方の思いが伝わるような葬儀を執り行うことが主流となりつつあるのです。
家族葬や音楽葬なども執り行うことができますし、ホテルや飲食店が参入していれば会食などにも力が注がれて水準以上のおもてなしをすることができます。

民間斎場とは言え費用の面なども明瞭ですから、無駄な支出を抑えることもできます。
また、葬儀をサポートしてくれている方がたへの心付けも昔と変わらず継続されている伝統ですので受け取っていただけるでしょう。
もしも公営斎場ならば、そこで働いているスタッフ一同、公務員ですから金品のやり取りは固く禁止されています。

民間斎場は都心で需要がある

地方自治体の葬儀と言えば、ほぼ公共施設が利用されています。
広い土地もありますからいくつもの斎場を建設することができますし、それこそ色々な地域に斎場を設けていなければ利便性が悪いと評価されてしまいます。

その点、大都市圏ではほとんどの斎場が民間施設だと言われているのです。
このことに於いては、とてもめずらしいようですが火葬場までそろっている斎場が一番求められているのも事実です。

それでも割高になる民間斎場

葬儀費用については、しっかりと算出することができるので、無駄な追加料金などが発生することもほぼありませんが、それでもかなりの高額になってしまうのは、葬儀社と斎場は全く違う団体が経営しているからです。
系列の葬儀社から紹介された葬儀ならば、費用も一般的な水準ですが、全く関連していない企業から紹介された葬儀になると、中間マージンが発生しますのでその分の葬儀費用が高くなると言う訳です。
民間斎場ならば利便性もよくて、ほぼ希望通りの葬儀を執り行うことができますが、それだけの対価が必要になります。