葬祭会館について

葬祭会館が注目されている

昔ながらの自宅でお通夜と葬式を行うことが少なくなってきた現代では、葬儀場のお世話になるという方が多くなってきている傾向にあります。
入院先の病院から直接、ご遺体を葬儀場まで移送して、そこでお通夜などを執り行うので、移動も苦にならず、悲しみに暮れている遺族にとってはありがたいサービスとも言えます。

そのような考えから生まれたのが葬祭会館です。
一般的な葬儀場と何か違いがあるのかと誰もが考えると思いますので、葬祭会館の特徴を挙げてみましょう。

故人と長く過ごせる葬祭会館

どのような点で葬儀場と違うのか考えた場合に、葬祭会館が行っているサービス面でのきめ細かさが際立っているのがポイントでしょう。
故人との最後のお別れの場所であるお葬式は一体誰のものであるのかをヒシヒシと実感することができるのが葬祭会館です。
間もなく荼毘に付されるのに遺体のそばにいることもままならない通夜や葬式では、会葬者の方たちのお相手をするだけであっという間に時間が流れてしまい、大切な方とのお別れに時間を割いてあげることができません。

遺族の方たちの思いを汲み取った形で誕生したのが葬祭会館ではないでしょうか。
親族の中には遠方から来られる方もいますが、葬祭会館では宿泊施設も備えていることがありますし、仮眠室などにもバスルームが設置されています。
施設によっては、一晩中ご遺体のそばで過ごすことができるように個室に遺体を安置します。

核家族や高齢者が増えてきている中で、移動距離が少なくてすむ葬祭会館は利便性の良さから利用を検討されるご遺族が増えてきています。
駐車場を完備するのは当たり前ですが、交通機関でも行きやすいように駅のすぐそばに建てられている葬祭会館も多いのが特徴です。

故人が好きだった形で送る葬儀

いつか亡くなったらこんな葬式にして欲しいと希望を伝えている人もいますが、必ずしもその通りに事が進むことはありません。
亡くなった瞬間に事務手続きや病院と手を結んでいる葬儀会社がすぐに飛んできて慌ただしく動き回ります。
じっくりと考えさせてくれる時間も余裕もありませんので、葬式に関する内容などは事前に家族で決めておくといいでしょう。

葬祭会館では、故人が好きだった楽曲で音楽葬をすることができます。
思い出の八ミリビデオなど故人が映っている映像も流すことができるのも葬祭会館ならではと言えます。
音楽や映像については、使用することすらできない葬儀場が多いので、思い通りの葬儀を執り行えない場合がほとんどだと言われています。

親類縁者だけで見送る形の家族葬や音楽葬で、故人の思い出話に華を添えてゆったりとした面持ちで黄泉の世界に送りだしてあげられる葬祭会館は、これからの葬儀の在り方としてますます発展していくことでしょう。