郵送を利用する場合

郵送する場合

葬式と直接関係がないように思われるかも知れませんが、葬式に関係することの一つとして「郵送」があります。
参列が出来なかった変わりに香典やお花を贈ることは少なくなく、その際にも幾つかのマナーが存在しているのです。

また、もう一つ葬式と関係している郵送として「年賀状」に関する決まりがあります。
ここではこれらについてまとめてマナーを紹介します。

はじめに、香典を郵送する場合についてです。
香典の場合、現金を郵送することになるため、郵便は現金書留を利用することになります。
これにお悔やみの気持ちを表す手紙を同封することで弔慰を示すのが一般的です。

弔慰を示す場合、必ず手紙は手書きで書くというのがルールです。

必ずしも筆を使って書く必要はありませんが、ともかく気持ちを込めるという意味で手書きにするようにしましょう。
また、文体や内容にも様々な細かいルールが存在しています。

まず、「頭語」は利用しないのが普通です。
つまりは、拝啓、と文章を始めないということ。

時候の挨拶なども省き、いきなり本文から書き始めるのが一般的です。
勿論頭語を利用していないため、敬具や草々といったような結語も用いる必要はありません。

基本的にこの手紙の中では、故人についてどのような思い出があるのか、故人がいかに素晴らしい人であったのか、ということを記さなければなりません。

亡くなられたことが残念でならない、と伝える内容です。

ただ、あまりにオーバーな書き方をしてしまうと不愉快に思われてしまう可能性もあるため、あくまでも一般的な書き口で構いません。

この手紙はあくまでも遺族に当てたものであり、遺族を慰める目的があることは覚えておきましょう。

さらに、この文章のなかでもいくつか特殊なルールがあります。
「繰り返し言葉」を利用しないというのが代表的です。

例えば、「重ね重ね」や「返す返すも」というように、同じ表現を繰り返すもののことをいいます。
これは悲しみが繰り返してしまうことを思い起こされるということで、忌み言葉とされ弔事に置いては用いられないルールです。

供花を贈る場合もただ花を贈るだけではなく、手紙を添えるようにしてください。
こちらの場合は現金ではないため封筒でも構いません。

ただし、この際も上記の重ね言葉と同様の理由から、二重封筒にならないように注意します。
花の金額も一般的な香典の値段と同じぐらいにするのが一般的です。

年賀欠礼のルール

基本的には不幸があったその年は慶事を忌避するというのがルールであり、代表的なものとして年賀状が挙げられています。
しかし、実際には年賀状だけではなく、初詣や結婚式なども避けなければなりません。

とはいえ、現在ではとそちらのほうは形骸化し、年賀状に関するものだけが「喪中」としてよく知られるようになってしまいました。

これについては、下記の質問にも詳しく紹介されています。
>>喪中にしてはいけないことは?【教えて!goo】

さて、少し話が脇道にそれてしまいましたが、それでは実際に年賀欠礼があった場合にはどのようなことをするべきなのでしょうか?

場合によっては通夜や告別式などが行われていたことを知らず、年賀欠礼で喪中になっていることを知るというケースがあるでしょう。

こういった場合には、まず封書でもってお悔やみの手紙を贈るのがマナーです。
この場合には上記の手紙の内容の前に、不幸があったことを知らなかったことに対する謝罪を含めるなど、気遣いをするようにしましょう。

また、すれ違いで年賀状を出してしまったあとに年賀欠礼を受け取ることがあります。
この場合には、急いで詫び状を書き投函するようにしてください。
不幸を知らずに年賀状を出してしまい失礼をしたという旨と、弔慰を伝えるのが基本です。