参列後にもらう「清め塩」の使い方

そういえば・・・葬儀のお浄め塩、どうやって利用するか知っていますか?

小さい頃から、両親などが葬儀にいって帰宅するとお塩をふってと、お浄め塩を利用しているところを見てきているので、多くの方は、葬儀から帰宅したら塩をまくもの・・・と理解しています。
しかし、この清めの塩はなぜ必要なのか?本当はどのように利用するのか?となると、詳しく説明できる方は少ないのではないかと思います。

清めの塩はどういう意味があるのか

清めの塩というのは神道で行われてきた儀式です。
神道の場合、死は穢れているとするため、この穢れを払うために塩を用いて祓いを行いました。

神道では死イコール穢れですが、仏教的にいうとどうなのか?実は仏教の場合清めの塩は必要ないとされています。
浄土真宗などは死による穢れを否定しているため、清めの塩ということに関して反対しているのです。

宗教宗派によってもこの清めの塩ということについては、意見が分かれるのですが、日本国内で行われる葬儀の多くで、清めの塩が用いられています。
日本は古来、神道が宗教であり、特に地方の慣習、風習などでは神道が深くかかわっていることが多いため、清めの塩を利用するといわれています。

仏教でも神道でも清めの塩が残った背景には、神技信仰と仏教信仰を一つの信仰体型とする宗教現象、神仏習合を行ったということが挙げられます。
この結果、神道と仏教の境界線がかなりあやふやになり、仏教式の葬儀が多い現代の日本でも、清めの塩が利用されるのです。

正しい清めの塩のやり方を覚えておこう

清めの塩は、葬儀から帰宅し玄関をまたぐ前に行う行為です。
あまり人に見られないほうがいいかな?などから玄関に入ってから清めの塩をふるという方もいますが、これでは穢れが家の中に入ってしまうのでよくありません。

玄関に入る前に、清めの塩を胸、背中、足元という順番で3カ所ふりかけるのが正しい方法です。
指で一掴みできる位の少量の塩を胸、背中、足元という3カ所に振り掛けたら、手で払い、その後、玄関に入ります。

玄関に入る前に必要という事を考えると、葬儀に参列しお礼のハガキと一緒に塩が入っているということも納得できます。
玄関に入ってから塩をふればいいということなら、自宅の塩を利用してもいいということになります。

一人暮らしの方は自分で清めの塩を行いますが、ご家族が自宅にいるという場合には、ご家族にかけてもらう方がいいようです。

実は葬儀の食事もお清めです

通夜、葬儀の際、通夜振る舞いなどの食事を勧められます。
こうした葬儀で頂く食事を頂くことも、清めにつながるのです。

特に通夜の後の通夜振る舞いの事をお清めと呼ぶ地域もあり、食事は生きるために活力を得るもので、葬儀で落ち込んでいる気持ちを回復させる、邪気を払うという意味を持って、振る舞いがあるのです。
通夜振る舞いでお酒も飲んで行ってといわれますが、これも清めの意味がありますので、醜態をさらさないように少し頂いて、ご遺族が故人との時間を過ごせるよう、早めに暇します。