葬儀参列時の注意点

参列時の注意点

それでは次に、葬儀に参列する場合に注意するべき、やってしまいがちなマナー違反について紹介します。
まず1つ目に最も多いものとして「遅刻」があります。
通夜については途中で参加するという形式をとることもありますが、告別式において途中参加するのは重大なマナー違反として見られる向きがあります。
特に弔辞や読経の最中に入り着席するような状況は避けるようにしましょう。

もし避けられない理由によって遅刻をしてしまった場合にはその旨を伝えて、焼香をさせてもらいます。
香典は受付の人が居ない場合には直接遺族に手渡すか、遺族の前で祭壇にお供えするようにしましょう。

また、「みだりに遺族に声をかける」というのも実はマナー違反の一つです。
参列した以上弔慰を伝えなければならないのではないか、と考えるかも知れませんが、参列した事自体が弔慰の一つとなっています。
そのため、遺族と親しい間柄である場合を除いては直接挨拶をすることは控えた方がよいでしょう。
また、親しかった場合でも長話をするのは避けるようにします。

さらに、遺族以外の知り合いと話をする、というのもマナー違反の一つとなります。
世間話や仕事の話などはするべきではないものであり、知り合いが居ても礼をする程度にしておきましょう。
直接話がある場合には式が終わったあとに個人的に行なうようにします。

ありがちなマナー違反

これ以外にも、ありがちなマナー違反がいくつかあります。
例えば、遺族に対して故人の死の話をするのは避けるのが良いでしょう。
葬儀というのは、まさに遺族が故人の死に向き合い、現実と日常へと戻っていくために必要な儀式です。
その中で、死の悲しみを繰り返し思い出させるような内容のことはいうべきではありません。

何故亡くなったのか、というのは気になることの代表ではありますが、絶対に聞くことがないようにします。
また、遺族以上に悲しんでいるような様を見せるのもNGであるとされます。

加えて、宗教によっては使うべきではない言葉があります。
一般的にはお悔やみの言葉として利用される「ご愁傷様」という言葉は仏教的なものであるため、キリスト教の場合には使用しません。