弔辞を依頼された際のマナー

弔辞を依頼されたらどんなことを話せばいい?

親族が無くなった時、弔辞を依頼された場合、どんなことを話せばいいのか?人の死は時に突然なので、弔辞について何も知らない状態で依頼されることもあるかと思います。
そもそも弔辞というのはどういう事なのか、そして弔辞の際にはどのようなことを話せばいいのか、マナーなどがあるのか?その立場に立つと様々なことが不安になります。

弔辞を依頼され、葬儀に参列していただいている皆さんの前で、どのようなお話をすればいいのか、知識として持っておく方がいいでしょう。

弔辞とはどのような意味があるのか

弔辞という言葉は、人の死を悲しむ気持ちを表しています。
お亡くなりになった方と生前親しくしてきた方が、故人との永遠の別れを惜しみ、悲しみを伝えるために弔辞があります。

弔辞については誰が読んでもいいという事ではなく、遺族から依頼された方が代表して読みます。
通常3人くらいから多くて5人くらいが代表して弔辞を読みますが、葬儀の規模によって違いもあります。

弔辞の基本的なマナーを知っておこう

正式な弔辞のマナーとしては、大判の奉書紙に薄めた墨で書き、表に弔辞、弔詞と記した奉書紙で包みます。
包むときには弔事となりますので、「左前」になります。
ちなみに慶事の場合、右前です。

これが正式なマナーとなりますが、最近は便せんに万年筆で弔事を書き、白い封筒に入れるなどの略式で行う方が多くなっています。
この場合、二重の封筒は不幸を繰り返すという意味になりますので、一重の封筒を利用します。

こうした縁起の悪いものを利用しないという事は、忌み言葉に深く関係しています。
その場で使ってはならない言葉を忌み言葉といいますが、弔事の場合、不幸が繰り返さないようにという意味をこめ、重ね言葉や死に結びつくような言葉が忌み言葉となり、利用しないように注意が必要です。

例えば重ね重ねという言葉などが重ね言葉になりますし、事故など死を連想させるような言葉も利用しないようにします。
こうした意味を持つ言葉を利用したい場合、死であれば死去、逝去、死者と別れという言葉なら、永別、別離、悲しみなら悲痛、昇進、痛恨などを利用します。

また病気で亡くなられた場合、看病等の言葉を利用される方がいますが、看護、手当、手を尽くすなどの言葉にかえます。
事故の場合は、不慮の出来事、災難、悲運などと言い換えて利用します。

どのような内容で話をすればいいのか

霊前に向かい弔辞をお話しすることになりますので、二人称で呼びかけするような内容にします。
お亡くなりになった方に向けて、その方に語りかけるように話します。

どんな内容を話すかは、弔辞を読まれる方と故人との関係によってそれぞれ違いがあると思いますが、遺族や関係者の方々もその弔事を聞かれていることを忘れないように言葉をしっかりと選んでお話する事が求められます。

故人と生前どのようにかかわっていたのか、弔事ということでかしこまる方もいますが、普段通りの言葉で語りかける方が、ご遺族にも気持ちがしっかり伝わると思います。
悲しみをこらえることは難しい事ですが、出来るだけ感情を抑え、ご遺族に気持ちが失火率と伝わるようにお話します。

一般的に3分程度の長さがいいとされています。
長くなり過ぎず、内容が弔辞を聞いている方に伝わるよう、わかりやすく丁寧にお話しましょう。