お花代を渡す際のマナー

通夜でお花を贈るお花代とは?

親しくされていた方、近しい方がお亡くなりになるというのは本当に悲しい事ですし、遺族であっても、また参列する側でも、悲しみの気持ちに包まれます。
お世話になった人、親しくして頂いた方がお亡くなりになった場合、お花代を包んでいくこともありますが、このお花代というのは、二通りの意味があります。
一つは葬儀参列の際に、供花として生花費用を包むという事、もう一つは、訃報をきいてお香典として包むという事、この二つです。
二つの意味を持っているお花代について詳しく理解し、葬儀等の際に恥ずかしい思いをしないようにしておきましょう。

供花代としてお花代を贈る場合

葬儀に参列すると祭壇の横に名札付の生花が置かれています。
この祭壇の横に生花を贈るという場合には、喪家、葬儀社に相談し手配します。
供花を依頼した先へ、お花代を渡すことになります。

一般的に相場としては、15000円くらいとされていますが、お香典は別に包みます。
お花代を包む場合、不祝儀袋、もしくは白無地の封筒に御花代と表書きします。
不祝儀袋も華美なものがありますが、この場合、包んだ額に見合っていないと失礼にあたるので、気を付けて選びます。

神式やキリスト教の葬儀の場合、お香典という考え方がないので、お金を贈る場合には、献花費として、「御花料」と書きます。
気を付けたいのが不祝儀袋の種類で蓮の花の絵が描かれているものは仏式専用となっていますので、神式やキリスト教の場合、避ける必要があります。

故人の信仰している宗教が不明という場合、法要前ならご霊前でどの宗教でも問題ないとされています。

お香典の代わりとしてお花代をおくる場合

親戚や知人の訃報を後に聞き、お香典をおくりたいという場合には、「御花代」として包みます。
白無地の封筒に御花代、御花料と表書きし、包む金額はお香典の代わりという事なので、葬儀参列時のお香典の額を目安にします。

地域によっても違いがありますので、一般的な金額となりますが、両親の場合は10万円、祖父母という場合は、1万から3万、職場の方なら5000円から1万、友人や知人という場合、5000円から1万くらいの金額です。
通常御花代の半額程度の品を返礼として返してきますが、不要という場合には、お手紙にその旨を記し添えておくといいと思います。

御花代もただおくればいいという事ではない

御花代は時に供花としておくるものですし、またお香典の代わりともなるものです。
何れも、悲しみの気持ちを持ってご遺族におくるものなので、気持ちを込めて礼儀正しく、しっかりと準備する事が必要です。

もしも訃報を後に知ったというときでも、御花代として弔いの気持ちをご遺族に伝えることはお世話になった故人のためにも、必要なことだと思います。