ご遺族宅への弔問

弔問をする場合

通夜や告別式とは別に、遺族宅に弔問をするというのも一つの方法です。
この場合、通夜や告別式のように一般的なマナーとは違っていることについて注意する必要があります。

まず何より重要なのが、弔問に訪れてよいかどうかを必ず連絡して伺うことです。

というのも、通夜や告別式の用意などで非常に忙しい場合が多く、急に訪問することは失礼かつ迷惑に当たるためです。
事前に電話などで、生前どのように世話になっていたのか、通夜や葬儀にはどのような理由で参加できないのか、ということを伝え、その上で直接弔問で弔慰を伝えても良いかということを聞きましょう。

もし日程の問題などで厳しいということになった場合は、葬儀等が落ち着くまで期間を置くようにするのがマナーです。
何が何でも弔問に向かう必要があるわけではありません。

弔問に際しては、服装は仮通夜と同じようなものを選択します。
喪服を利用するのではなく、地味な色合いの平服を利用するようにしましょう。

葬儀後に聴聞する場合には特に黒い色合いのものを避け、日常の一部として訪れることを意識するようにします。

香典や供花

弔問の場合にも、香典や供花の用意をするのがマナーの一つです。
香典についてはどのタイミングで弔問するのかによって表書きが変わります。

四十九日を超えている場合には「御佛前【御仏前】」、超えていない場合には「御霊前」となります。
詳しい表書きの書き方については、「香典のマナー」内の「香典の表書き」で紹介しているため、そちらをご参照下さい。

ちなみにこの四十九日の判断は、法要が行われているかどうかをベースにして行います。
日数としては亡くなってから四十九日を経過していても、まだ法要が行われていない場合には御霊前です。
逆にまだ経過していない時に四十九日法要を行っている場合には御佛前となります。

供物を用意する場合、一般的には菓子折りなどを用意します。
ただ、故人が好きだったものを知っている場合で、かつそれが日持ちをするものである場合にはそれを用意するのも良いでしょう。

弔問を行う場合、まずはお悔やみの言葉を告げて、お線香をあげます。
その上で供花や供物、香典を遺族に直接渡すようにしましょう。

そして亡くなった方と自分との話をし、「手伝えることが有ればなんでも言って下さい」というように慰めの言葉を掛けるようにします。

通夜や告別式以上に、遺族のプライベートに関わることになるのがこの弔問です。
そのため、出来るだけ長居はしないようにし、迷惑がかからないように注意しましょう。

お悔やみの言葉なども遺族の方のことを考えて選ぶようにするのが重要です。
自分本位な言葉を選んで相手を傷つけてしまうことがないようにしましょう。