「喪中見舞い」の正しい送り方

喪中期間中におくる喪中見舞いとは

喪中の期間だとわかっていても、大切な方を亡くしたご遺族、ご家族のことを思い、喪中見舞いを贈りたいと思う方も多いと思います。
お世話になった方ならより一層、こうした気持ちを伝えたいと思うものですが、喪中見舞いはどのように贈ればいいのでしょうか。
最近はこうした喪中はがきを贈るという方も少なくなっているため、ご遺族に届けたいと思っても、どのようなことを書けばいいのか、見本をみたことがない状態だとかなり迷われると思います。

では喪に服すご遺族にどのような言葉を記せばいいのか、喪中見舞いについて知識を持っておきましょう。

喪中のご遺族を気遣うお便りとなる喪中見舞い

喪中はがきを頂いたときに、喪中のご遺族の気持ちを思い、相手の方を慰める気持ちを込めて返事とすることを喪中見舞い、もしくは寒中見舞いといいます。
喪中見舞いは喪中のご遺族を気遣い慰めるという気持ちで贈ることになるので、時期に決まりがありません。
しかし寒中見舞いの場合、1月5日から2月4日に送るという決まりがあります。

喪中はがきというのは通常年賀状を準備しはじめる11月中旬あたりから12月初旬に届くように送られます。
寒中見舞いの場合、お返事をすぐに贈る事が出来ないので、年末に喪中見舞いを贈るという方が多くなっています。

品物を贈る事もある

喪中みないとして手紙やはがきを贈るということが一般的ですが、お手紙を添えて品物を贈るという方も少なくありません。
贈答用のお線香や蝋燭などと一緒に、ご遺族の気持ちを慰めるお手紙を贈るというのも、素敵なことだと思いますし、ご遺族にとっては故人を忘れることなく、こうして贈り物を届けてくれたことに対し、心温まる思いをされるでしょう。
相手の方に負担とならないように、3000円から5000円程度のモノを送り、ご遺族側に祭壇がないという場合には、御線香や蝋燭ではなく、ギフト券などを利用される方が多いようです。

喪中見舞いにはどのようなことを書けばいいのか

喪中見舞いのお手紙やはがきへのお返事は、喪中お見舞い申し上げますから始まり、ご丁寧なご挨拶状ありがとうございますと書きます。
喪中はがきを頂いたお礼を最初に述べるという事です。

また文章の中に、喪中でいらっしゃいますので新年の挨拶は控えさせていただきますと一文を入れておくことが大切です。

手紙やはがきでもご遺族はうれしいもの

大切な人を亡くし、心から悲しみに暮れているご遺族が、新年を迎えるとき、そこには今まで一緒にお正月を過ごした大切な人がいないという状態です。
さみしい年の暮れ、お正月を迎えるときに、故人をしのび、遺族を思いお手紙やはがきをいただけるということはご遺族にとってどんなに心強いかと思います。

大げさにこういうはがきや手紙、いまどき贈らないから・・・という事ではなく、ご遺族のことを思い、故人をしのび、悲しみが和らいでいますように、ご遺族がお体を大切に過ごされますようにという気持ちをご遺族につたえましょう。