弔電の贈り方

弔電の仕方

仕事などの事情によって通夜や告別式に参列することが出来ない場合、弔慰を伝える方法として弔電があります。
この弔電には大きく2つの種類があり、それぞれ贈り方が違っています。

まず1つ目は、電話会社が行っている弔電です。
こちらは素早く贈ることができるというメリットがあり、午後七時までの申し込みであれば当日中に弔電を贈る事ができます。

こちらの場合には電話やインターネット、郵便局やファックスなどで申し込みを行う事ができます。
一般的なのは電話を利用して申し込む方法です。

電話を利用する場合、115番に電話をかけると電報の申し込みに繋がります。
ここで葬式の場所、日時、電話番号に喪主の名前を伝えることになります。

まずはじめに弔電の申し込みであることを伝え、その上で自分の名前や電話番号などを伝えます。
その上で送り先の情報も伝え、電文を読み上げて打電してもらいましょう。

ひと通り終わったら全体について復唱されるため、間違いがあればここで訂正します。
基本的に文字数によって値段が設定されている点には注意しましょう。

インターネット電文

最近では電話を使ったものではなく、インターネットを使った電文が打てるようになりました。
こちらは値段面においてアドバンテージがありますが、当日に打電は難しくなるなど、フットワークは少し重い傾向があります。

ただ、最近になってスピードも増している会社があるため、即日対応できる会社を探してみると良いでしょう。

こちらの電文を利用するメリットの一つとして、「台紙」の種類が知られていないことがあります。
一般的に電話会社による台紙の種類は決まっているため、どの台紙なのかによってどれだけお金を使ったのかがわかってしまいます。

それを避けたいという理由でこちらを使う人も少なくありません。