焼香の種類

3つの焼香

焼香には大きく3つの種類があります。
これは宗派によるものではなく、葬式の形式によって変わるものとなります。

まず1つ目となるのが「立礼焼香」です。
これは式場が椅子席である場合に用いられるもので、祭壇に置かれている焼香の前に立って焼香を行うスタイルとなります。

喪主、親族の順番で行った後に参列者が並び焼香をすることになります。
順番については係員が案内をしてくれるため、自分で判断する必要はありません。

自分の番が来た時には、まず隣の人に会釈をして立ち上がり、焼香台へと向かいます。
焼香台の少し手前で立ち止まり、遺族、僧侶にそれぞれ一礼を行い、さらに遺影やご本尊に対して合掌の上で一礼を行います。

その後焼香台で焼香を行って合掌し、最後にもう一度遺族に一例をして座席に戻ります。

座礼焼香・回し焼香

2つ目は「座礼焼香」という形式です。
これは畳敷きの式場で行われる焼香の方法となります。

ただ、これは立式焼香とやるべきことは基本的には変わりません。
移動をする際にまっすぐ立ち上がるのではなく、腰を落として行うことになります。

まずは両手を使って膝立ちをして、その体制のままで焼香台まで向かいます。

祭壇やご本尊を見下ろすような形にならないように注意をすれば構いません。
焼香をする際には正座をしたままで行うようにしましょう。

最後は「回し焼香」という形式です。
これは式場が狭いなどの理由で場所を移動して行うのが難しい場合に用いられます。

焼香台が座席に回ってくるため、これにお焼香を行い、隣の人へと回していくことになります。

まず受け取る際には隣の人に会釈をして受け取ります。
焼香自体の仕方は特殊なものではなく、立礼と同様です。
終わったら次の人に渡して焼香は終了となります。

焼香のスタイルは以上の3つが基本となります。
あくまでも前後のやり方が変わるだけで、焼香自体のやり方が変わるわけではありません。

そのため、それぞれの焼香のやり方については「焼香とは」や「焼香の回数」の方をご参照下さい。