焼香とは

焼香の意味

通夜や告別式など、一連の葬儀に良く登場するのが「焼香」です。
このお焼香は参列者も行わなければならないことの一つで、しっかりルールを知っておく必要があることの一つでしょう。
では、そもそもこの焼香がどのような意味を持っているのかを見てみましょう。

焼香が行われるのは仏式の葬式のみで、キリスト教式の場合には行われません。
特別なお香を焚くことによって弔慰を示すというのが主な目的となっています。

利用されているのは抹香と呼ばれる粉末状のお香か、お線香です。
ケースとしては珍しいものの、通常通りお線香を焚くだけで焼香の代わりとする場合もあるため、その場合については特別なルールが存在しているわけではありません。

基本的なやり方

それでは、基本的な焼香のやり方について紹介します。
焼香は左側に熱した炭が、右側に抹香が置かれているのが一般的です。

この抹香を炭の方に持っていくことでお香を焚くことになるのですが、その際の作法は宗派等によって違いがある場合があります。

とはいえ、基本となっている部分自体は変わりません。

抹香は親指と人差し指と中指の三本指でつまむように持ち上げます。
この際、あまり多く取り過ぎることがないように注意しましょう。

これを手を返すようにして額のほどまで持っていき、それから炭に焚くというのが基本的な手順です。
この額まで持っていく行為のことを「押しいただく」と呼びます。

ただ、宗派によっては押しいただくことをしない場合もあります。
浄土真宗や真宗大谷派、真宗高田派の場合には押しいただかず、そのまま隣に持っていくことになります。

基本的には開催者の宗派に従って行うべきではありますが、必ずしも相手の宗派が分からなかったり、その宗派による方針が分からないという場合、基本通りの焼香をしても全く問題はありません。

正しくやるのに越したことはありませんが、そのことに気を取られすぎて気持ちが入らない焼香をしてしまうのが最も失礼なことであるとされるためです。