焼香の回数

宗派と回数

それでは次に、宗派によって違う焼香の回数について、それぞれ簡単に紹介します。
特筆すべき点がある場合はその点も備考として紹介します。

まずは浄土真宗本願寺派の場合です。
これは西側の浄土真宗の宗派の一つとなります。

こちらの場合、焼香は一回のみで、押しいただく必要はありません。
特に動きは必要なく、右から左へ直接持って行ってお焼香とします。

次に、真宗大谷派の場合です。
東側の浄土真宗の宗派の一つです。

こちらの場合には回数は二回となっています。
ルール自体は本願寺派と同じで、押しいただかずそのまま持っていくという形で問題ありません。

次は曹洞宗の場合です。
こちらの場合は焼香を二回行うことになっていますが、一回目と二回目で方法が違っている点に注意が必要です。
一回目は押しいただき、二回目は押しいただかずに焼香するのが決まりです。

次に浄土宗の場合です。
浄土宗は焼香について特に詳しい決まりを定めていません。

回数も一回から三回、押しいただくいただかないのルールもありません。
状況に合わせて焼香をするようにしましょう。

同じく天台宗についても、詳しい決まりはありません。
ただ、回数については一回か三回と奇数回と定めており、二回する、ということだけはいけないことになっています。

その他の宗派の場合

次に真言宗の場合です。
真言宗の場合は回数は三回と定められています。

さらに、三回とも押しいただいて焼香をするルールとなっており、他宗派と比べて最も時間が掛かるタイプの焼香の仕方となります。

臨済宗の場合は、回数は一回で構いません。
こちらの場合も押しいただいての焼香となります。

日蓮宗はこれらの宗派とは違い、詳しい決まりはないタイプとなっています。
ただし回数は一回または三回と奇数回と定めており、天台宗のスタイルと基本的には同じです。

日蓮正宗の場合には日蓮宗とは違い、回数は三回と決まっています。
さらに、押し頂いて焼香することとなっており、名前が似ているにも関わらずスタイルが全く違っていることには注意が必要です。

主要な宗派については以上の通りです。
ただ、これらの宗派についてそこまで重要だと考えている人は多いわけではありません。

故人やその家族が敬虔な仏教徒である場合を除けば、宗派の違いによってそこまで嫌な思いをされることはないでしょう。

宗派ごとのルールを全て抑えておくのは難しいことであるため、迷った場合には押しいただいて一回行う、というようなスタイルを採用するのでも全く問題はありません。

気持ちを入れて焼香をする、ということが何より重要なポイントであり、そこさえ間違わなければ基本としては問題がない、と考えておいて良いでしょう。