家族が亡くなったら

急な訃報にあせることのないように

病気で長く臥せっていたご家族がお亡くなりになっても、一緒に生きてきた人が無くなるというのは非常に辛いものです。
しかしこの場合、嫌な事ですが、葬儀やお墓の事等を考える時間もあります。
事故や病気で急死されたという事になると、心の準備も葬儀の事についても何もできていません。

流れのままに、葬儀社にいわれるままに葬儀を行い、後からもっとしっかり葬儀を行ってあげればよかったと後悔する方も少なくありません。
そこで、お亡くなりになってから葬儀を行うという流れを理解しておきましょう。

死亡から葬儀の日程決定まで

お亡くなりになると医師が死亡診断書を作成しご家族に渡されます。
故人の家族、親類、職場、学校、友人の中でもごく親しい方へ、亡くなったことを告げます。
通夜葬儀の日程などは決まってから再度連絡しましょう。

亡くなったあとは事務的な手続きや葬儀の準備で忙しくなります。
遺族で相談し、ご遺体の搬送先を決める、喪主を決める、葬儀社を決める、通夜、葬儀の日程を決める・・と決定しなければならないことだらけです。
故人と最も縁が深いひとが喪主となります。
ご遺体の搬送先は自宅、それとも斎場なのか、葬儀社はどこにするのかなどを決め、遺影に利用するお写真を選びます。

葬儀社に連絡し、故人の氏名、病院名、遺体の搬送先を知らせます。
葬儀にかかる費用の見積もりを出してもらい、葬儀費用に含まれる内容の確認等を行い金額を決定し、退院手続きを行います。
市区町村、生命保険など届出する必要がある箇所は複数個所有るので、必要な数だけもらっておきます。

遺体の安置がご自宅ならお布団を用意し、ご遺体を搬送、枕飾りなどは葬儀社がしてくれます。
日程が決まったらお寺さんに連絡します。
一般的に葬儀社の方がお寺さんとの段取りなども行ってくれます。

ご遺体を安置したら枕経をあげていただき納棺、精進おとしの内容を決めて料理を出す人数の把握、料理の手配、僧侶の引き出物などを決めます。
その他細かな事は葬儀社の方で対応してくれます。

通夜から葬儀終了まで

通夜までに挨拶をする人、遺影を持つ人などを決めます。
通夜は一般的に受付準備から受付開始、着席し僧侶入場、開式、僧侶の読経、僧侶の退場、閉式、通夜振る舞い、夜とぎと進みます。

親族はお線香を絶やさぬように親族が交代でつとめます。
翌日の葬儀について葬儀社と打合せを行います。

葬儀はまず僧侶への挨拶、接待を済ませ、受付開始、着席、開式、僧侶の読経、僧侶のお焼香、弔辞奉読、弔電奉読、参列者のお焼香、閉式となります。
流れなどに関しては宗派によって違いがありますが、葬儀社の方で心得ているのでわからないことがあればスタッフの方に聞いておけば安心です。
その後、喪主から順番に棺の生花を入れて合掌、棺に蓋をして喪主から順番にくぎ打ちを行い、喪主挨拶、それから火葬場に向かいます。