受付の手順

受付の流れ

通夜にしろ告別式にしろ、参列者が最初に行なうことになるのは多くの場合は「受付」です。
この受付一つを見てみてもいくつかやることが有るため、まずはここをチェックするようにしましょう。

受付は一括で行っている場合もありますが、故人との関係性によって列を分けている事もあります。
その際には記帳の管理を関係別に行っているということであるため、空いているからと言って別の列に移動することがないようにしましょう。

また、並んでいる段階でもって香典はバッグから取り出しておくのが基本ですが、むき出しのままで持っているのはよくありません。

基本的には袱紗に包んで持っておくというのがマナーとなっています。
袱紗に関する事については「香典とは」の内容でも紹介しています、合わせてそちらもご参照下さい。

受付が自分の番になった時に初めて袱紗を開いて両手で持って受付の方に渡すようにします。
この際にはお悔やみの言葉を一言添えるようにしましょう。

「この度はご愁傷様でございます」というような簡単な内容で構いません。
長くなると受付を待っている列の人に迷惑がかるため、簡潔に済ませるようにします。

記帳のマナー

これが終わったら、次に芳名帳に記帳を行うことになります。
ただ、最近ではカード式のものを利用している場合もあるため、従来と違うシステムを取っている場合にはそちらに従うようにしましょう。

この際、会社を代表している場合には名刺を差し出すといったようなマナーもあります。
こちらについては前ページでも詳しく紹介しているため、そちらを参考にして下さい。

この記帳は香典を渡したことの記録というわけではなく、あくまでも参列をしたことの記録です。
そのため、その日は香典を持っていなかったとしても、参列をする場合には記帳をして構いません。

通常は香典を渡した場合にのみ返礼品の引換券を受け取ることになります。
ただし、逆はまた別で、他の人の分も香典を持ってきている時にはその人達の分も一緒に記帳を行うことになります。

代理人である場合、自分の名前は書かず、代理元となっている人の名前だけを記載します。
場合によってはその下に代理、と書いて自分の名前を記すこともありますが、これは必須ではありません。