香典の表書き

表書きの仕方

香典は包む金額も重要ですが、表書きも重要な要素の一つとなります。
そこでここでは、一般的な香典の表書きの仕方について紹介します。

不祝儀袋を見て、水引の上に名目を、下に名前をフルネームで記載することになります。
この袋については香典の内容額によって物を選ぶのが一般的となっており、平均的な金額である5000円の場合には印刷水引のものを利用するのが一般的です。

10000円といったような内容になる場合、正式な水引の使われているものを利用するのが良いでしょう。

表書きに記す名目は、多くの場合「御霊前」となります。
これは仏式・神式・キリスト教式、いずれの葬儀においても利用することが出来る名目であるため、亡くなった方の宗派が分からない場合には最も無難な名目となります。

わかっている場合にはその宗派にあわせたものを記載しても構いません。

仏式の場合には御霊前以外に「御香典」「御香料」という名目を使います。
神式野場合には「御玉串料」「御神前」という名目が使われます。

キリスト教式野場合には「御花料」「献花料」という名目が使われます。
無宗教の場合には御霊前以外に適切な名目はありません。

ちなみに「御仏前」は四十九日法要の後に使われるものであるため、葬儀に置いて用いられることはありません。

中袋の書き方

表書きだけではなく、中袋にも記載するべきことがあります。
中袋の表側には、包まれている金額を記載するようにしましょう。
「金五阡円也」というような記載の仕方をします。

この阡というのは千のことであり、あとで書き換えられないようにするための名残として残っているものです。
1万円の場合には「金壱萬円也」となります。

中袋の裏側には住所と氏名を記載します。
どちらも省略せず、全て記載するようにするのが重要です。

表袋にも住所を書いている場合がありますが、別々に管理されてわからなくなってしまう可能性があるため、中袋にも必ず改めて記載するようにするのがマナーです。

また、連名で記載する場合、多くとも三人までというのが一般的なマナーです。
もしそれ以上の人数になる場合にはどういった集まりなのかを記載し、まとめて書くのが一般的です。