香典とは

香典の持つ意味

通夜や葬儀に参列する場合には、欠かすことが出来ないのが「香典」の存在です。
ここではそもそもこの香典というのがどのような意味を持っているものなのかを紹介します。

香典が何時頃からはじまったのか、というのは正確なことはわかりません。

しかし、元々は全員が行うというものではなく、上流階級の人たちだけが行うものであったとされています。
江戸時代には武士階級の人だけが香典を行うことになっており、他の農民などの人達はお金を渡すのではなく、お米や野菜などの食料品を持ち寄るのが基本的になっていました。

現在のようなスタイルに近づいてきたのは、近代文明化が始まった明治時代のことです。

とはいえ、この時代でもまだまだ地方では従来の葬儀スタイルが取られており、都市部だけで合理的なシステムとなっていました。

地域によっては今でも当時の風習を持っていることがあり、香典をお金ではなく食料で行う場所もあります。
これは元々通夜における食事のために利用する食料を持ち寄るという意味があったものです。

しかし、現在ではそれらについては喪家が行うのが一般的となっているため、食材の代わりに現金で行われるようになってきたわけです。

通夜や葬儀に対する地域の関わり方というのも、この香典の変化と共に変わってきました。
昔、これらの儀式というのは家だけのものではなく、地域全体で行うものだったのです。

近所の人達が集まり、皆で協力して葬式を行う、というのか当たり前のように行われていました。
そのため、葬儀にはあまりお金もかからなかったわけです。

いわゆる「村八分」と呼ばれるような、交流を拒否されるような家であっても、結婚式と葬式の手伝いだけは行ってもらえるものでした。

残り二分はこのことを指しています。
今になって考えるとなかなか考えられないようなことですが、香典の変化がこのような状況の変化から生まれていることを考えると、なかなか感慨深いものがあるでしょう。

現代になって、生活スタイルが大きく変化し、近所で協力をして葬式を行うことはほとんどなくなりました。
あったとしても、地域に影響力を持っているような名家の人達だけということになるでしょう。

労働力の提供が行われなくなった代わりに、少しでもお金の負担を減らそうということで始まったのがこの香典だったということです。

香典を受けた側もそのことへの感謝を伝える意味で、香典の額の半分程度の返礼品を用意することになります。
結果的には大きなプラスとなるわけではありませんが、心を伝えるものとして今でも香典が残っているのが文化的な歴史を感じさせます。

香典の包み方

ここでは香典袋を包むために必要な「袱紗」の使い方について紹介します。
これは図があるとわかりやすいため、次のサイトなども参考にしながら見てみてください。
>>袱紗の包み方【超便利! 冠婚葬祭マナー】

まず、袱紗の色は重要なポイントです。
基本的に慶事の場合には暖色系、弔事の場合には寒色系が適した色となります。

紫は暖色と寒色の中間でありどちらにも利用できるため、持っていない場合には紫の袱紗を一つ用意しておくとさまざまな場面で使えて良いでしょう。

基本的な包み方は大きくは変わりませんが、基本的に弔事の場合には左開きになるように包みます。
受付では袱紗をバッグから取り出し、右手に袱紗を載せて左手で開くようにしましょう。