香典の金額相場

香典の金額

では次に、香典としてはどれぐらいの金額を包むべきなのか、ということについて紹介します。
香典の金額は大きく三つの要素によって決まります。

1つ目は「年齢」です。
年齢によって経済力が違い、当然ながら支払うことが出来る金額にも違いがあります。
自分に見合わないような金額を支払うことは却って気を遣わせてしまうことになり、マナー違反に当たる場合があります。

2つ目は「間柄」です。
故人との間柄が近ければ近いほど、香典の金額は高くなるのが一般的なルールとなっています。
ただし、仕事関係の場合については一律して5000円や10000円という金額を設定していることが多く、この場合は年齢などは関係がないケースが多くなります。

そして3つ目は「関係」です。
一見すると間柄と同じように見えるかも知れませんが、間柄以上の関係がある相手というのも中には存在していることがあります。

例えば間柄としては従兄弟であっても、実際は幼い頃から親しく、兄弟のように暮らしてきた、というような場合もあるでしょう。

この場合には「兄弟」という関係だと考えて香典を出すのでも構いません。

それぞれの平均

それでは、「関係」については割愛し、間柄と年齢を加味した場合の金額平均について紹介します。
まずは全体の平均として見た場合ですが、平均額は5000円となっています。

そのため、基本的には香典額に迷ったのであれば5000円を包んでおけば、そこまで問題はありません。
年齢別で見ると20代の場合には3000円から5000円、30代では5000円、40代では5000円から10000円、50代以上では10000円というのが相場となっています。

特別な金額となる間柄は、故人の両親である場合と、兄弟や姉妹である場合です。
この場合は特に故人との距離が近い間柄だと判断され、多くの香典を出すのが一般的になっています。

両親の場合には100000円を包み、兄弟の場合には50000円を包む、というのが香典額としては一般的な仕組みです。

上記の通り、これに加えて「関係」でお金を追加しても構いません。
しかしながら、あくまでも過剰にならないようにする必要があります。

あまり過剰になりすぎると喪家を萎縮させてしまうことにもつながり、マナーとしてはよくありません。

また、香典に包むお金は必ず新札ではないものを利用します。
新札を利用すると、そのために新札を用意していた=死を予見していた、という意味で見られてしまうことがあり、これも却ってマイナスにとられてしまうためです。

ちなみに慶事の場合には新札を利用するのはこの裏返しです。