喪服の種類

立場と喪服

喪服を選ぶのは葬儀のマナーの基本中の基本です。
ただ、実はこの喪服にも幾つかの種類が存在しており、状況に応じて使い分けなければなりません。

まず喪服については大きく2つに分類することが出来、葬儀に対する自分の立場によって使うべき喪服が違っています。

まず一つは「正式」と呼ばれる喪服です。
これは和装やモーニングなどの形式のものを指しているもので、特に格式の高い喪服ということになります。

こちらを着用するのは亡くなった方の三親等までの親族というのが一般的です。
逆にそれに該当しない人が正式の喪服を装着することもあまり良いとはいえません。

もう一つは「略式」と呼ばれる喪服です。
こちらはブラックスーツやブラックフォーマルタイプのものを指しているもので、喪服というと一般的にはこちらのことを指していることが多いでしょう。
上記正式の条件に該当しない参列者はこちらを着用するのが一般的です。

親族よりも格の高い服装をするのがマナー違反に当たるため、その点については十分注意しましょう。
勿論親族側も、相手に気を使わせないように出来るだけ格式の高いものを装着するのが基本です。

状況と喪服

親族・参列者の立場だけではなく、その日行われるのがどのようなことなのなかによっても選ぶ服装が違ってきます。
特に特殊な服装条件を持っているのが「仮通夜」です。

これは当該の人が亡くなった直後の夜に行われるもので、急遽開催されるものとなっています。

そのため、「不幸を予想していた」というように取られてしまうのがマナー違反となるため、いくら病状を知っており、いつその時が来てもおかしくないと知っていたとしても、平服で向かうのが一般的なマナーとなっています。

ただし、勿論派手な服装もまたマナー違反となるため、色を抑えた地味な平服、というのがこの場に合ったマナーです。

次に行われるのが「本通夜」です。
こちらは告別式の前日に行われるものとなっており、日を改めて行われる事が多いものの、こちらの場合でも「急遽行われた」というような体裁を取っていることが多いと言えます。
そのため、上記のように地味で平服を身につけて行く、というのも一つのマナーです。

とはいえ、最近ではこういったマナーも形骸化してきており、実際に通夜の前に知っていることが多くなった以上、喪服を付けて参加する人も多くなっています。

その辺りの判断は家族などによっても違っているため、相手のことを考えて判断をするようにしましょう。
勿論、この場合も派手な服装は慎むべきです。

通夜が終われば告別式が行われます。
死者と別れを交わす場であり、ここに来て初めて「喪服」がマナーとなる場となります。
参列者は略式の喪服を身につけるようにしましょう。

地味な平服のままで参列するのはまたマナー違反となってしまうため、いつこういったことが起こっても良いように、一式セットを用意しておくのが社会人としてのマナーの一つでもあります。

これらの場面とは状況が違っていますが、冬場に行われる場合については防寒具の選び方もポイントとなります。

コートは会場の中まで来ていくのではなく、敷地内に入る前には脱ぐようにしましょう。
ただ、変則的に焼香場所が屋外の場合などは、焼香の時にのみコートを脱ぐようにします。

また、コートに使う素材としては、生き物から作られていないものを使うのが一般的です。
毛皮や皮革のものは避けるようにしましょう。

これは仏教において殺生が禁じられているものの一つであるため、縁起が悪いと考える人も多いためです。
人工のものでも見て分からないものは避けるのが無難でしょう。