男性の服装

男性の正式喪服

では次に、男性の喪服について紹介します。
まずは参列者ではなく、開催者側が身に付けることになる「正式喪服」について見てみましょう。男性スーツ

正式喪服については「洋装」と「和装」の選択肢があります。
場によって使い分けるようにしましょう。

まず洋装の場合は、黒のモーニングコートを着用するのが一般的です。
パンツについては真っ黒のものではなく、地味な縞柄が入っているものを利用することが多いでしょう。

ベルトは革製品であるため避ける事が多く、サスペンダーで吊るのが基本となります。

ワイシャツは無地の白のものを、ベストを着用する場合にはコートと共通しているものを利用するようにしましょう。
ネクタイは光沢がない黒ものもを利用し、ネクタイピンやカフスは利用しないようにします。
靴と靴下も黒で揃えるのが基本です。

ただし、通夜の場合にはモーニングは着ずに上下ブラックスーツを利用するのことが多いでしょう。
また、腕章を付ける場合もあるため、そのことをも想定しておくのが基本です。

夏場のように暑い場合でも上着を脱ぐことが出来ないため、生地の厚いものは避けた方が良いでしょう。

和装の場合は、黒羽二重の染め抜きのものを利用するのが基本となります。
羽織袴の黒紋付を装着するようにしましょう。

襦袢は白かグレーのものを利用するのが基本ですが、茶系統のものでも問題ないとされることが多くなっています。

帯も地味な色合いのものであれば良いでしょう。
和装の場合、腕章をつける必要はありません。

男性の略式喪服

では次に、参列者側の略式喪服のマナーについて紹介します。
「喪服の種類」の中でも紹介したとおり、男性の場合にブラックスーツを上下で着用するのが基本的なスタイルとなっています。

男性の場合、ネクタイや装飾品を変えるだけで慶事にも弔事にも利用をすることが出来るため、一式を用意するだけでさまざまな場面に利用することが出来るので便利です。

ただし、事前に用意が出来ておらずブラックのものがない場合、濃紺やダークグレーのものを利用してもマナー違反とはなりません。

シャツは白を利用するようにし、柄物は避けるようにします。
突然の葬儀という場合でも、シャツだけは道中で購入して着替えるようにするのが良いでしょう、ここを変えるだけでも印象が大きく変わります。

ネクタイは無地の黒いものを利用するのが基本で、光沢がないものを選択するようにしましょう。
ディンプルは付けないのが喪服においては基本的なネクタイの締め方となります。

靴下や靴などもスーツと同じく、黒がベストです。
ただし、用意が出来ない場合にはダークカラーものであれば、基本的には問題がありません。

式場のスタイルによっては靴を脱ぐ場面があり、その場合に白いものを着用していると非常に目立つため、その点については注意した方がよいでしょう。

バッグやその他のアクセサリーについては、毛皮や皮革のものは避けるようにします。
さらに、ネクタイピンや時計なども派手なものは避けるようにした方が無難でしょう。