子供の服装

子供が葬儀に参列する場合

大人が葬儀に出席する際には、通常礼服を着用します。
親族、身内が無くなった際には正装になります。
大人は迷うことなく人の訃報を聞いたときには通夜、葬儀に参列する場合、礼服を着用しますが、困るのはお子さんです。

学生さんで制服がある場合には、通夜、葬儀にも制服を着用させますが、お子さんが小さいと何を着せていけばいいのか迷います。
大人が通夜に行く際には、明るい色味の洋服でなければ「急ぎ駆け付けた」ということで、礼服でなくてもよしとされます。

しかし子供の場合、明るい色彩の洋服ばかりです。
制服で葬儀に参列する場合も、小学生など制服がない年代のお子さんが葬儀に参列する場合も、どのような服装で行けばいいのか、理解しておくべきです。

中高生は制服で

中学校、高校となると制服があります。
小学校、幼稚園でも制服があるという学校が多くなっていますが、制服の場合、通夜、葬儀いずれも制服をきちんと着用させていけば問題ありません。

ただ、「きちんと」着用させることが大切です。
例えば赤いネクタイであっても制服であればきちんと全てつけます。
ブレザーでもセーラー服でも、学校に行くときのように、校則通りの着用で参列します。
帽子はかぶりません。

制服がなかったら

制服がない学校の場合、私服で行くことになりますが、何でもいいといわれても白黒でまとめるのがマナーです。
白いワイシャツ、黒いズボン、冬なら黒いセーターなどをワイシャツの上から着せていくといいでしょう。

黒いズボンなどがどうしても準備できないという場合、紺でも構いません。
色味が派手な洋服は避け、靴下などに関しても黒、もしくは紺など黒っぽい色に近い物を選択します。

靴はどうしたらいい?

制服で行かれるお子さんで、指定の靴が黒ではないという場合、黒の革靴などを準備する方がいいでしょう。
案外お子さんの靴は盲点で、喪の姿をしているのに靴だけ明るい色、また運動靴という事がよくあります。
制服の靴が黒いローファーなどならそのままでいいのですが、違う色の時には、出来れば黒の革靴などを準備しましょう。

子供の葬儀の服装の注意点

葬儀は人がお亡くなりになり、その最後のお別れの場です。
ご遺族は悲しみに暮れています。
もちろん、遺族ではなくても生前親しくさせていただいた方の葬儀ですから、参列者も悲しみに暮れています。

そんな中、お子さんであっても明るい色の普段着を着ているというのはやはりいいことではありません。
葬儀、通夜であってもやはり白黒の洋服、なければ紺などの洋服で出来る限り華美な格好にならないようにします。

女の子で気を付けたいのが、髪留めなどに赤やピンクが利用されている、また、金色や銀色の髪留めなどは避けましょう。
洋服も白黒で悲しみを表現しているのですから、細部までしっかり気を配り、恥ずかしい事がないように参列しましょう。