当サイトについて

葬儀の基礎知識

火葬場
従来から冠婚葬祭は、人生において避けることのできない4つの物事を指しています。
冠は成人式、婚は結婚式、葬は葬儀、祭は祭事というように、やはり各家庭がおこなわなければならないものばかりです。

当サイトでは、なかでも別れを象徴する儀式である「葬儀」について解説します。

葬儀は儀礼的なものであり、そこにはさまざまなマナーが存在あります。
マナーを守らなかったからといって、本質的な不利益が生じるわけではありませんが、マナーを知らずに葬儀をおこなうのは個人にも参列者にも失礼にあたってしまうものです。

これは参列者側も同様であり、マナーを守らずに参加をすれば、開催者やほかの参列者に対して無作法なイメージを与えます。

そこで、葬儀に関するマナーを5つのパートに分類して紹介します。

それぞれ「葬儀の服装」「参列の流れ」「香典のマナー」「焼香のマナー」「その他の葬儀マナー」となっているので、気になるポイントからチェックしてみてください。

パートごとの詳細

それぞれのパートで紹介する詳細な内容について、もう少し解説します。

まず1つ目のパート「葬儀の服装」です。
喪服の種類、男性の服装、女性の服装という3つに分けて紹介します。

喪服には洋服、和服などの違いがあり、参列者側および開催者側によって着るべき服装が異なるため、しっかり確認しておかなければなりません。

衣装は誰の目にも付く部分であり、最初にマナーを見られる部分でもあります。
常識を知らずに恥をかいてしまうようなことがないようこちらで学んでおきましょう。

2つ目のパートは「参列の流れ」です。
こ葬儀の流れ全体を確認しながら、それぞれに参列する場合のマナーについて紹介します。
通夜の流れ、葬儀・告別式の流れ、受付の手順という3つに分けています。

3つ目のパートは「香典のマナー」です。
参列者が開催者にお悔やみの意味を込めてわたす香典にも、いくつか注意しなければならないマナーがあります。

そもそも香典というのが何のためにあり、どのような歴史を持っているのかを紹介する「香典とは」をはじめとして、香典に関するあらゆる知識をご紹介します。

4つ目のパートは「焼香のマナー」です。お焼香
焼香は、通夜や告別式などにおいて行われる儀式のひとつ。
焼香自体がどのような意味を持っているものなのかを紹介する「焼香とは」をはじめとして、応用的な知識までを解説しています。

5つ目のパートは「その他の葬儀マナー」です。
上記に含めることができなかったものの、知っておきたい注意するべきマナーについてまとめています。
こちらは内容が多岐にわたりますので、項目別にご紹介しましょう。

「ご遺族宅への弔問」は、通夜前などにおこなうもので、葬儀とは異なります。
遺族家に出向くということもあり、より細かい知識とマナーが求められるため、注意しなければなりません。

「郵送を利用する場合」は、弔問・通夜・告別式などに参加することができない場合、香典などを郵送で贈るための方法を解説しています。

「葬儀前の注意点」は、葬儀を開催する側が気をつけるべきことと、参加する側が気をつけることを解説しています。

「葬儀参列時の注意点」は、葬儀に参列する場合、服装や香典、焼香だけではない、さまざまなマナーを取り上げています。

「供花の贈り方」は、花を贈る場合にも添え状などのマナーが存在しており、折角贈ったのにかかわらずマナー違反で嫌がられてしまうことを避けるテクニックを解説しています。

「弔電の贈り方」は、参列できない場合にお悔やみの言葉を伝える方法とそのマナーについて紹介しています。

「お悔やみ状の出し方」は、弔電の出し方に近いものがありますが、実際に参列することが出来ない場合のマナーについて触れています。

今回紹介するのは、あくまでも葬儀マナーの一部にしか過ぎません。
当サイト以外にも便利なサイトが存在しているため、そちらも参考にしながらマナーの勉強に取り組んでみてください。

>>葬儀に必見 ! お葬式の知識と費用/総額を表示【終活のミカタ】
>>お葬式に関する知識を紹介【お葬式の基礎知識】
>>いつかは訪れるお葬式に備えて【葬儀・葬式のマナーや基礎知識】